コンテンツにスキップする

ユーロ一時94円台に急落、約11年ぶり安値-欧州債務懸念で

東京時間午後遅くの外国為替市場で は、円買いが活発化。対ドルでは1ドル=77円94銭と、6月1日以来の 水準まで上伸し、対ユーロでは1ユーロ=94円24銭と、2000年11月以来 の高値を更新している。スペインで複数の自治州が中央政府に支援を要 請する可能性が浮上しており、ユーロ圏財政問題の先行き不透明感が再 燃していることから、ユーロ売り主導でリスク回避の円買いが強まっ た。

スペインでは、バレンシア州が20日に金融融資基金を活用する方針 を示し、22日にはカタルーニャ州が基金を利用する可能性が浮上。さら に、国内紙パイスの報道によると、ほかにも支援を要請する地方自治体 が出てくる可能性もあるという。

23日の欧州債市場ではスペイン国債の下落に歯止めがかからず、 同10年債の利回りは7%台で水準を切り上げ、ユーロ導入以降で最高水 準を付けた。このため、ドイツ10年債利回りに対するスプレッド は、1993年にブルームバーグがデータ集計を開始して以来の最大規模に 拡大した。

みずほ証券の鈴木健吾FXストラテジストは、スペインのバレンシ アとカタルーニャは比較的大きな州で、本来、財政に不安がないような 州に問題が出てきているということで、「嫌なムードになっている」と 指摘。ギリシャの緊縮財政についても進捗(しんちょく)状況が不透明 で、「欧州不安が再燃しつつある」とし、目先はユーロの下値を模索す る展開を見込んでいる。

その上で、鈴木氏は、ユーロ売り材料に事欠かない状況下で、米国 の追加緩和期待も生じており、3極通貨の中で消去法的に円買い圧力が 強まる状況が続くとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE