米市場の中国株:百度などインターネット株下落-業績を懸念

ニューヨーク市場で取引される中国 株は週間ベースで3週連続の下落となった。今週予定されている中国の インターネット企業の4-6月(第2四半期)決算で、百度(バイド ゥ)やCトリップ・ドット・コム・インターナショナルなどの利益の伸 びが減速するとアナリストらは予想している。

米上場の中国の主要銘柄で構成するブルームバーグ中国・米国55指 数は前週末、週間ベースで1.9%安の86.11で引けた。中国の検索サイト 最大手の百度の米国預託証券(ADR)は1年6カ月ぶりの安値を付 け、オンライン旅行代理店のCトリップのADRは2008年以来最長の下 落局面となった。

ブルームバーグのデータによると、百度が23日発表する4-6月の 利益について、アナリストは52%増と予想。同社の利益は過去9四半 期、それぞれ少なくとも70%増加していた。

USグローバル・インベスターズの「チャイナ・リージョン・ファ ンド」の運用担当者、マイケル・ディン氏は20日の電話インタビュー で、「消費減速を受け、インターネット企業の広告収入も伸びが鈍化し た。百度はそれほど新たな収入源がないため、成長は下がり気味だ」と 述べた。

原題:Profit Growth Doubts at Baidu Spur ADRs Tumble: China Overnight(抜粋)