今週の米指標:4-6月GDPは伸び鈍化か、個人消費の減速で

今週発表の米経済指標では、4-6 月(第2四半期)の経済成長率がここ1年で最も鈍い伸びにとどまった ことが示される見通しだ。労働市場の低迷を背景に消費者が支出を抑え たとエコノミストらは指摘している。

米商務省が27日発表する4-6月の国内総生産(GDP、速報値) は、ブルームバーグ・ニューズがまとめたエコノミスト70人の予想中央 値では前期比年率1.4%増が見込まれている。1-3月(第1四半期) は同1.9%増だった。また、6月の耐久財受注額は伸びが鈍化し、同月 の新築住宅販売はほとんど変わらなかったもようだ。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の米国担当シニアエコノミス ト、マイケル・ハンソン氏は「指標は全般的に軟調だ」と指摘。「個人 消費の鈍化は明らかに景気減速の大きな要因だ。欧州の不透明感やいわ ゆる財政の崖が経済活動における意思決定や行動に影響を与えるだろ う」と述べた。

ブルームバーグがまとめた予想中央値によれば、4-6月の個人消 費は前年比年率1.3%増となる見通し。予想通りなら、1年ぶりの小幅 な伸びとなる。1-3月は同2.5%増だった。

また、米経済をけん引してきた製造業は、世界的な景気減速を受け て海外からの需要が減少しそうだ。商務省が26日発表する6月の耐久財 受注額は前月比0.4%増(予想中央値)が見込まれている。5月は 同1.3%増(改定値)だった。輸送用機器を除く受注は前月比0.1%増が 予想されている。

住宅市場は安定化しつつあるものの、雇用の冷え込みや融資獲得の 機会が限られていることが購入希望者にとっての重しとなっており、力 強い伸びとなるには時間がかかるとみられる。商務省が25日に発表する 6月の新築一戸建て住宅販売は年率換算で37万戸(予想中央値)と、前 月の36万9000戸からほぼ横ばいが見込まれている。

(米経済指標に関する最新情報は、こちらをご覧ください)

原題:Growth Cooled as Americans Curbed Spending: U.S. Economy Preview(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE