中国の7-9月成長率、7.4%に鈍化も-貨幣政策委の宋氏

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の宋国青委員は、7-9月(第3四半期)の同国の経済成長率 が7.4%に鈍化する可能性があるとの見解を示した。世界第2位の規模 の中国経済がなお底打ちしていないとの懸念が強まった。

宋委員はまた、消費者物価と並んで生産者物価が下がれば事業会社 の投資リターンに打撃となり、事業拡大意欲が減退する可能性があると 指摘した。

4-6月(第2四半期)の中国成長率は6四半期連続で減速 し、7.6%。欧州債務危機が輸出を圧迫したほか、不動産投機規制が内 需を抑制した。国営新華社通信の15日の報道によると、温家宝首相は景 気回復にまだ勢いがないと語った。17日にも国内の雇用情勢が将来、一 段と「深刻になる」との見通しを示した。

宋委員は21日、北京で開かれたフォーラムで、「中国の成長率は向 こう数カ月間、8%近くになるというのがコンセンサスだが、私個人の 見解は、輸出面に問題があることからもっと悲観的だ」と発言。欧州危 機が依然進展し続ける中で、「中国の輸出が今後数カ月間、予想を上回 るペースで落ち込んだ場合、政府の措置が不十分であるリスクが存在す る」と分析した。

原題:China Central Bank Adviser Forecasts Growth Slowdown to

7.4%(抜粋)