エルスが逆転で2度目のV、ウッズ3位-全英オープン

男子ゴルフの今季メジャー第3戦、 全英オープン選手権は22日、ロイヤルリザム・アンド・セントアンズ GC(7086ヤード、パー70)で最終ラウンドを行い、首位から6打差で スタートしたアーニー・エルス(南アフリカ共和国)が通算7アンダー で逆転、同大会2度目の優勝を果たした。エルスのメジャー制覇は通算 4度目。

この日首位でスタートしたアダム・スコット(豪)は14番で4打差 をつけてリードしていたが、その後崩れて上がり4ホール連続でボギー をたたき、通算6アンダーで2位だった。4年ぶりのメジャー制覇を狙 ったタイガー・ウッズ(米)は同3アンダーの3位タイ。日本勢では藤 本佳則が同7オーバーの54位タイ。武藤俊憲は同11オーバーの72位タイ に終わった。

エルス(42)は最後の9ホールで4つのバーディーを決め、この日 のスコアを2アンダーとした。スコット(32)は最終ホールでパーパッ トを外し、プレーオフに持ち込むことはできなかった。エルスは2002年 の全英、1994年と97年の全米で優勝している。

エルスは記者会見で「まだ実感がわかない。全英での優勝は10年ぶ りだから、恐らく数日たたないと実感はわかないだろう。まさにクレー ジー、クレージー、クレージーな気分だ」と喜びを表した。

原題:Els Wins Second British Open After Scott’s Late Collapse (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE