ドイツ副首相:欧州がギリシャ救済できるか「極めて懐疑的」

ドイツのレスラー副首相兼経済技術 相は、欧州の指導者らがギリシャを救済できる可能性について自身は 「極めて懐疑的」だとし、同国がユーロ圏から離脱する可能性は「恐ろ しくなくなった」と述べた。

同相は22日、独放送局ARDとのインタビューで、ギリシャがユー ロ圏の救済プログラムに伴う義務を履行できる公算は小さいと指摘。義 務を果たせない場合、同国は追加の支援を受けられないと述べた。

レスラー副首相は「ギリシャが恐らく条件を満たせないことが明ら かになりつつある」と指摘。「はっきりしているのは、ギリシャがこれ ら条件を満たさない場合、これ以上の支援は行えないことだ」と語っ た。

原題:Germany’s Roesler Says ‘Very Skeptical’ Greece Can Be Rescued(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE