シカゴ大豆は最高値更新、トウモロコシも続伸-生産減を懸念

シカゴ大豆先物相場は20日、過去最 高値を更新。トウモロコシ先物も終値としての高値を記録した。来週の 乾燥気候の予報で、中西部で干ばつが続き、米国の生産高が減少すると の懸念が強まった。

シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆先物11月限は午後2時(日本 時間21日午前3時)現在、前日比2.1%高の1ブッシェル当たり16.8625 ドル。一時は過去最高値の16.91ドルを付けた。

トウモロコシ先物12月限は2.2%高の同7.9575ドルと、中心限月の 終値としては過去最高。9月限は8.2875ドルと、史上最高値を更新し た。

原題:Soybeans Extend Rally to Record, Corn Gains as Drought Persists(抜粋)