LIBOR問題は市場の重大なリスクに-米財務省が報告書

米財務省金融調査局(OFR)は20 日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の操作問題について、「不 透明で閉ざされた非公開のプロセスによって、少数の企業が大きな影響 を与えることを可能にしたことが原因で、市場の健全性と投資家に重大 なリスクをもたらす。今後も規制上の焦点とする必要がある」との見解 を明らかにした。

OFRは米金融制度改革法に基づき設置され、初の報告書を公表し た。

原題:U.S. Treasury Says Lack of Data Threatens Financial System (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE