スペインの銀行支援策を市場は信頼せず-ユーロ安、利回り上昇

欧州当局者は20日、1000億ユーロ (約9兆5400億円)規模のスペインの銀行支援策を最終的に承認した が、ユーロ相場は約2年ぶりの安値を記録し、市場から再び不信任を突 きつけられる結果となった。

ブリュッセル時間午後7時59分(日本時間21日午前2時59分)時点 で、ユーロ相場は1%安の1ユーロ=1.216ドル。ユーロ・ストック ス50指数は2.8%安を記録、イタリアの銀行株が下げを主導した。ドイ ツ10年債に対するスペイン10年債の利回り上乗せ幅(スプレッド)は拡 大し、過去最大となった。

ガードナー・ルッソ・アンド・ガードナーのパートナー、トーマ ス・ルッソ氏は「トレーダーは週末にポジションを抱えたくないよう だ」と指摘。「2日間のリスクがあり、取引できない。週末にポートフ ォリオのリスクがない状態にするだけだろう」と語った。

ギリシャをめぐる懸念が次の焦点。同国は8月に欧州中央銀行 (ECB)が引き受けた国債の償還期限を迎える。また、欧州委員会と 欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)で構成するトロイカ の代表団は来週アテネに入り、同国が財政再建の目標からどれほど離れ ているか分析する。

インベステック・アセット・マネジメントの債券部門責任者、ジョ ン・ストップフォード氏(ロンドン在勤)は「夏の間、われわれは多く の進展を目にせず、市場は神経質なままだ」と指摘。「危機は起きてい る。ユーロ圏は国境を越えた融資の欠如で、内部から崩壊しつつある」 との見方を示した。

原題:Euro Bailout Bid Gets Vote of No-Confidence as Markets Drop(抜粋)

--取材協力:Simon Kennedy、Rebecca Christie、Emma Ross-Thomas、Angeline Benoit、Charles Penty、Andrew Frye、Brian Parkin、Sandrine Rastello.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE