米国株:S&P500種は1カ月で最大の下げ-スペイン不案で

更新日時

米株式相場は反落。S&P500種株 価指数は過去約1カ月で最大の下げとなった。スペインがリセッション (景気後退)は来年まで長引くとの見解を示したことや、同国自治州の 財政懸念が高まったことを背景に、ユーロは円に対して2000年以来の安 値に下げた。

欧州の銀行株が下げた流れを受けてバンク・オブ・アメリカ( BOA)とJPモルガン・チェースは下落。スペイン債利回りはユーロ 導入以後の最高を記録した。S&P500種は素材株の下げがきつい。中 国が不動産規制を緩和しない方針を固めたことを受け、景気減速による 商品需要の後退を懸念した売りが入った。外食産業株も下落し、チポト ル・メキシカン・グリルは大幅安。決算で売り上げが伸びず失望売りが 膨らんだ。

S&P500種は前日比1%下落して1362.66。同指数は前日までの3 日間で1.7%上昇していた。ダウ工業株30種平均は120.79ドル(0.9%) 下げて12822.57ドルとなっている。ユーロは円に対し2000年11月以来の 安値を付けた。米証券取引所全体の売買高は約68億株と、3カ月平均に ほぼ一致した。

シマング・キャナル・トラスト(ニューヨーク州エルマイラ)の上 級投資責任者、トム・ワース氏は「問題は四方八方に見られる」とし、 「ひとたび病気にかかると止められないように思え、ユーロは生き延び るだろうかと不安になる。中国の発表も懸念材料だ。これまでは資産価 格にもっと配慮した姿勢だった」と述べた。

ユーロ圏諸国の財務相はスペインの銀行救済を最終承認したもの の、この日は世界的に株安となった。スペインの17自治州の一つ、バレ ンシアが先週設置された緊急融資基金を活用すると伝わり、地方財政を めぐる懸念が高まった。イタリアのモンティ首相はスペインの社会的混 乱が国債利回り上昇の原因と発言。ドイツのメルケル首相のキリスト教 民主同盟(CDU)と統一会派を組む姉妹党のキリスト教社会同盟 (CSU)は、ギリシャが義務を履行しなければユーロ圏離脱を迫る考 えを示した。

「スペインの亡霊」

キーコープ(クリーブランド)のプライベートバンキング部門チー フ投資ストラテジスト、ブルース・マケイン氏は「問題は無くなってい ない。むしろ深刻化しているのが気がかりだ」とし、「スペインの亡霊 が再び現れた。銀行だけではない。自治州政府も支援を必要としてい る。事態はまだ改善していない」と述べた。

この日は世界的な景気減速懸念も再燃した。中国は不動産規制を緩 和せず、住宅価格の反発を防ぐため不動産市場に対する制御を緩めない 方針だと国営の新華社通信が伝えた。景気動向との関連が強い銘柄で構 成するモルガン・スタンレー・シクリカル指数は1.7%低下した。

ただ週ベースでのS&P500種は、景気刺激策への期待感と企業決 算の堅調さを背景に2週連続高。ブルームバーグの集計によれば、S& P500種銘柄でこれまでに四半期決算を発表した企業118社のうち、73% で利益が市場予想を上回った。

金融株が安い

S&P500種の主要10業種では金融株が1.5%安と、下落率が最も大 きかった。BOAは2.6%安。JPモルガンも1.6%下落した。

素材株も下落が目立つ。ドル高で商品の投資妙味が薄れた。商品24 銘柄で構成するS&PのGSCI指数は0.4%低下。銅生産大手フリー ポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドは1.9%安で引け た。

S&Pスーパーコンポジット・レストラン指数を構成する全24銘柄 が下落した。チポートル・メキシカンは22%急落し、2006年の新規株式 公開(IPO)以来最大の下げ。第2四半期の売上高がアナリスト予想 を下回ったことから売り込まれた。同社は昨年、S&P500種の外食産 業銘柄で最も上昇率が高かった。

原題:S&P 500 Caps Biggest Drop in 1 Month as Euro Tumbles on Spain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE