英国債:上昇、財政赤字拡大で利下げ観測-欧州懸念で安全志向

20日の英国債相場は上昇。10年債は 週間では3週連続高となった。ユーロ圏の財務相が承認したスペインの 銀行救済は域内債務危機を食い止めるのに不十分との懸念が強い。

2年債利回りは過去最低を記録。6月の財政赤字がエコノミスト予 想以上に膨らんだことを受け、イングランド銀行(中央銀行)が景気て こ入れで政策金利を引き下げる必要があるとの見方が広がった。安全資 産を求める動きから、ポンドはユーロに対し3日続伸。英公債管理局( DMO)はこの日、30億ポンド相当の国債を入札した。

ロイズ・バンキング・グループの債券ストラテジスト、エリック・ ワンド氏(ロンドン在勤)は「ユーロ圏をめぐる懸念が英国債相場を引 き続き動かしている」と述べ、「スペインの国内情勢が同国の借り入れ コストを懸念すべき水準に押し上げ、それで英国など中核国の国債需要 が支えられている」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)低下の1.49%。前週末比では6bp下げ た。同国債(表面利率4%、2022年3月償還)価格はこの日、0.38上 げ122.48。18日には1.45%まで下げ、先月1日以来の低水準となった。

2年債利回りは2bp下げ0.12%。一時は0.103%と、1992年にブ ルームバーグがデータ集計を開始して以来の最低を記録した。前週末13 日以来では12bp下げ、週間ベースとしては2011年5月以降最大の低下 となった。

英政府統計局(ONS)のこの日の発表によると、銀行支援を除く 6月の財政赤字は144億ポンド(約1兆7700億円)。前年同月は139億ポ ンドだった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト20人の 予想中央値は134億ポンド。

原題:Gilts Advance on Spanish Debt Crisis; Pound Rises Against Euro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE