スペイン:成長率予測引き下げ、バレンシア州は救済要請準備

スペインは景気後退(リセッショ ン)が来年になっても続くとの見通しを示した。同国では17の自治州の 一つ、バレンシアが中央政府に対する救済申請を準備している。一方で ユーロ圏諸国の財務相らはスペインの銀行救済を最終承認した。

モントロ予算相は20日の定例閣議後に、スペインの2013年国内総生 産(GDP)はマイナス0.5%成長との見通しを示した。4月27日時点 で同国政府はプラス0.2%成長を見込んでいた。予算相はさらに、政府 の利払いが今年に比べて91億ユーロ(約8700億円)増えるとの見方を示 した。

スペイン政府は借り入れコストが急上昇する中、来年の歳出抑制を 打ち出している。一方、バレンシアは先週創設された緊急融資基金を利 用する方針を明らかにした。同国の地方政府は今年下期に約150億ユー ロの債務償還を控えており、なかでもカタルーニャとバレンシアは多額 の債務を抱えている。

スペインは財政難に陥った地方政府を支援するため180億ユーロ規 模の救済メカニズムを創設した。しかし、同国自体の金融市場アクセス が厳しくなっており、スペイン10年債のドイツ国債に対する利回り格差 はこの日、過去最大の606ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) に拡大した。

ユーロ圏諸国の財務相らは同日、1000億ユーロ規模のスペインの銀 行救済を最終承認した。

原題:Spain Cuts Growth Forecasts as Valencia Prepares to Seek Bailout(抜粋)

--取材協力:Emma Ross-Thomas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE