グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。取引時間中は上げ下げを繰り返す方向感に乏 しい展開となった。携帯端末を通じたインターネット接続がデスクトッ プパソコンを上回ったことを受けて、通信株が値上がり。一方、中国政 府が不動産市場の抑制策を維持するとの報道で、不動産株は下落した。

中国2位の携帯電話サービス会社、チャイナ・ ユニコム(中国聯 通、762 HK)は7.2%高。中国のインターネット利用者のほぼ3分の2 が携帯端末経由でサイトに接続しているとの、中国インターネットネッ トワーク情報センターのリポートが手掛かりとなった。

中国の携帯電話サービス最大手、チャイナ・モバイル(中国移 動、941 HK)は0.7%上昇し、5月10日以来の高値で引けた。国内最大 のインターネット企業、テンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK)も高い。

一方、時価総額で中国本土最大の不動産開発会社、中国海外発展 (688 HK)は2.6%安。全収入を中国本土で稼ぐ不動産開発の世茂房地 産(813 HK)は1.8%下げた。

ハンセン指数は前日比81.75ポイント(0.4%)高の19640.80で終 了。一時0.2%安まで下落した。構成49銘柄中、値上がりと値下がりの 比率は約2対1。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.6%高 の9570.51。

HSBCホールディングスの株式ストラテジスト、スティーブン・ サン氏はブルームバーグテレビジョンに対し、「市場全般の環境は引き 続きかなり厳しいものとなるだろう」と指摘。「世界の中央銀行は金融 市場のボラティリティ(変動性)を減らし、景気の下振れリスクを避け るため、金融政策を緩和している」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は週間ベースで5週連続安とな った。政府が不動産規制を緩和しない方針を示したほか、国内の上場証 券会社大手2社が減益決算を発表したことが響いた。

万科企業(000002 CH)は2週間ぶり安値。政府が住宅価格の反発 を防ぐため不動産市場のコントールをしっかり続けると表明したことを 受け、保利房地産集団(600048 CH)など他の不動産株も安い。

中信証券(CITIC証券、600030 CH)と海通証券(600837 CH) も下落。両社ともに1-6月(上期)の利益が減少または減少したもよ うだと発表した。中国最大の薄型テレビメーカー、青島海信電器 (600060 CH)は5%超の値下がり。中信証券が同社の利益見通しを引 き下げたことが嫌気された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比16.20ポイント(0.7%)安の2168.64で終 了。今週は0.8%の値下がりとなった。上海、深圳両証取のA株に連動 しているCSI300指数は同1.1%安の2398.46。

宏源證券のアナリスト、唐永剛氏(北京在勤)は、「不動産抑制策 に関するニュースが不動産株をさらに圧迫し、相場を押し下げている」 と指摘。「相場は前日まで3日続伸しており、上昇を維持するのに十分 な流動性はない」と説明した。

【インド株式市況】

インド株式株式相場は下落。政府による景気刺激策が待たれる中、 連立政権を支える主要政党が離脱をちらつかせているとの観測が浮上し 売り材料となった。

インド最大のエンジニアリング会社、ラーセン・アンド・トゥブロ は3日ぶりに下落。大手銀のICICI銀行はここ1カ月で最大の値下 がり。国内最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは前日 の2年ぶり大幅安から反発した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比120.41ポイン ト(0.7%)安の17158.44で終了した。

連立政権を支える国民会議派がシン首相への書簡で政権運営をめぐ る問題を提起したと、同党指導者の1人がこの日明らかにした。前日に 大統領選が終わり、投資家は政府が景気刺激策を打ち出すと期待してい る。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比7.57ポイント(0.2%)安の4199.12。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.03ポイント安の1822.93。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比16.11ポイント(0.2%)高の7164.68。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比13.43ポイント(0.4%)安の3015.53。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比1.60ポイント (0.1%)安の1643.00。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比4.41ポイント(0.4%)安の1208.55。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比14.99ポイント(0.4%)安 の4081.20。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比21.52ポイント(0.4%)高 の5210.89。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE