財務省の職員PC123台がウイルス感染、情報外部流出の可能性

財務省は20日午後、省内の職員用パ ソコン123台がウイルスに感染し、何らかの情報が外部に流出した可能 性があると発表した。財務省担当者が記者説明した。

同省は職員パソコンを約2000台備える。このうち123台が2010年1 月から11年11月の間に感染した。現行LAN(域内通信網)システムの セキュリティ対策の総点検を実施する中でみつかった。ウイルスは「ト ロイの木馬」と呼ばれるタイプで、コンピューター内に侵入しデータを 外部に流出させる。安住淳財務相ら政務3役と局長級のパソコンは感染 していないという。

担当者は、これまで業務上の支障は生じていないとし、既に感染し たパソコンの回収や送信先との通信しゃ断など必要な措置は実施したと 説明。流出した可能性のあるデータの詳細は明らかにしなかった。同省 は公表文書の中で、このような事態になったことを深くお詫び申し上げ ますとコメントした。