米KKR、債券ファンド2本の投入を計画-個人投資家向け

ヘンリー・クラビス、ジョージ・ロ バーツ両氏が共同で設立した米プライベートエクイティ(PE)投資会 社KKRは、個人投資家向けに2本の債券ファンドを投入する。米証券 取引委員会(SEC)への提出書類で明らかになった。

SECへの提出書類によると、KKRは「KKRオルタナティブ・ コーポレート・オポチュニティーズ・ファンド」と「KKRオルタナテ ィブ・ハイイールド・ファンド」を提供する。両ファンドともKKRア セット・マネジメントが運用を担当する。

KKRは両ファンドの投入を通じ、適格投資家が一度資金を拠出す ると約10年間は解約できないレバレッジドバイアウト(LBO、買収先 の資産を担保とする資金借り入れによる買収)ファンド以外の分野への 拡大を図る。KKRはここ数年、不動産やヘッジファンド、エネルギー 投資などへの事業拡大を進めている。

提出書類の一つによると、オルタナティブ・ハイイールドは投機的 等級の債券に投資する投資信託。オルタナティブ・コーポレート・オポ チュニティーズはクローズドエンド型の債券ファンド。一部のクローズ ドエンド型ファンドと異なり、同ファンドは上場せず、四半期ごと換金 に応じる。

KKRの新ファンドについては米紙ウォールストリート・ジャーナ ル(WSJ)が先に報じていた。

原題:KKR Plans to Offer Retail Funds to Pursue Debt Investments (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE