グーグル4-6月:増収、モトローラM買収や広告好調が寄与

インターネット検索最大手、米グー グルの4-6月(第2四半期)決算は35%増収となった。携帯端末メー カーのモトローラ・モビリティ・ホールディングスの買収が寄与した 上、ユーザーの広告クリックも増えた。

グーグルがウェブサイトに掲載した資料によると、モトローラ・モ ビリティ買収の影響を含めたベースで売上高は122億ドル(約9600億 円)と、前年同期の90億3000万ドルから増加した。一部費用を除いた利 益は1株当たり10.12ドル。グーグルは5月にモトローラ・モビリティ の買収手続きを完了した。

グーグルはモバイル端末向けや動画共有サイト「ユーチューブ」サ イト上の広告を使って収入拡大を図っているほか、ユーザーによる同社 ホームページでの検索からも恩恵を受け続けている。コムスコアによる と、グーグルは先月の米検索サービス市場で3分の2強のシェアを占め た。第2四半期にグーグルやパートナーの運営サイトで閲覧された広告 のクリック数は42%増えた。

ロバート・W・ベアード(サンフランシスコ)のアナリスト、コリ ン・セバスチャン氏は「クリック数が42%増えたのは相当素晴らしいこ とだ」と述べ、「こうした大きな伸びは明らかに携帯端末の影響だ」と 指摘した。

提携先サイトへの支払い分とモトローラ・モビリティ買収の影響を 除いたベースの売上高は83億6000万ドル。ブルームバーグが集計したア ナリスト予想平均は83億9000万ドルだった。

買収効果

モトローラ・モビリティの買収は第2四半期の売上高に12億5000万 ドル貢献した。純利益は27億9000万ドル(1株当たり8.42ドル)で、前 年同期の25億1000万ドル(同7.68ドル)から増えた。

広告クリック総数は伸びたものの、クリック1回当たりの料金を示 すクリック単価は前年同期比で16%低下した。前期比では1%上昇し た。

グーグルの株価は19日の時間外取引で一時3.3%上昇した。通常取 引終値は前日比2.1%高の593.06ドル。年初来では8.2%安。

--取材協力:Douglas MacMillan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE