NY外為:ドルが総じて下落、弱い統計で追加刺激観測

19日のニューヨーク外国為替市場で はドルが主要通貨の大半に対して下落。米中古住宅販売が予想外に減少 し、フィラデルフィア連銀が管轄する地区の製造業は縮小した。投資家 の間では米金融当局による追加緩和策の観測が高まり、ドルの減価が懸 念された。

オーストラリア・ドルといった高利回り通貨はリスク志向の高まり に伴い上昇した。南アフリカ・ランドは主要通貨の大半に対して下落。 予想外の利下げが影響した。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB) 議長は前日の議会証言で、必要に応じて追加行動を取る可能性をあらた めて示唆した。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マーク・ マコーミック氏(ニューヨーク在勤)は「ドル以外の通貨が対ドルで買 われているのは、特に米経済統計の内容が景気の弱さを示唆したため、 量的緩和第3弾の見通しを一段と強めたからだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時13分現在、ドルは対円で0.2%下げて1 ドル=78円61銭。ドルはユーロに対してほぼ変わらず1ユーロ=1.2279 ドル。ユーロは対円で0.3%下落して1ユーロ=96円51銭。

中古住宅販売とフィラデルフィア連銀指数

全米不動産業者協会(NAR)が19日発表した6月の中古住宅販売 件数(季節調整済み、年換算)は、前月比5.4%減少の437万戸。

またフィラデルフィア連銀が発表した7月の同地区製造業景況指数 はマイナス12.9となった。前月はマイナス16.6。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値はマイナス8だった。同 指数はゼロが拡大と縮小の境目を示す。

オーストラリア・ドルは米ドルに対して一時11週間ぶり高値に上昇 する場面もあった。

JPモルガン・チェースの指数によると、主要7カ国(G7)通貨 の3カ月物オプションのインプライドボラティリティ(IV、予想変動 率)は8.63%と、2007年11月以来の低水準をつけた。過去5年間のIV は平均で12.4%だった。

南アフリカ・ランドはドルに対して最大0.7%下落する場面もあっ た。同国中銀は低インフレと経済成長へのリスクを理由に政策金利 を0.5ポイント引き下げて5%とした。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の テクニカルストラテジスト、ウィリアム・ムーア氏が17日付顧客向けリ ポートで述べたところによると、主要6通貨に対するインターコンチネ ンタル取引所(ICE)のドル指数は数カ月以内に86.20から86.40 と、2010年以来の高水準に上昇し、その後第4四半期に81.44まで下げ る可能性がある。

同氏はリポートで、86.20から86.40は「ユーロ・ドル相場で1ユー ロ=約1.1881ドルに相当する水準となるだろう」と指摘した。

ドル指数はこの日、0.2%下げて82.891だった。

原題:Dollar Drops Against Most Major Peers as Data Fuel Bets

on Fed(抜粋)