7月19日の欧州マーケットサマリー:スペイン10年債利回り7%台

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2282   1.2284
ドル/円             78.59    78.80
ユーロ/円           96.53    96.80


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  261.86     +2.93    +1.1%
英FT100     5,714.19   +28.42     +.5%
独DAX      6,758.39   +73.97    +1.1%
仏CAC40    3,263.64   +28.24     +.9%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .05%        +.01
独国債10年物     1.22%       +.02
英国債10年物     1.52%       +.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,584.00    +8.75     +.55%
原油 北海ブレント        107.81     +2.65    +2.52%

◎欧州株式市場

19日の欧州株式相場は続伸し、ストックス欧州600指数は4月3日 以来の高値に達した。市場予想を上回る企業業績が好感された。

オランダの塗料メーカー、アクゾノーベルは6.3%高。同社がこの 日発表した4-6月(第2四半期)利益は市場予想を上回った。四半期 増収を明らかにしたコニャックメーカーの仏レミー・コアントロー は6.2%の値上がり。フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアは12% の大幅上昇。同社スマートフォン(多機能携帯端末)の主力である「ル ミア」の販売台数が一部のアナリスト予想を超えた。

ストックス欧州600指数は前日比1.1%高の261.86で終了。このまま いけば週ベースで7週連続高となり、ここ6年余りで最長の上げとな る。欧州中央銀行(ECB)や中国中銀による利下げのほか、ユーロ圏 首脳らがスペインの銀行向け緊急融資の返済ルールを緩和したことなど が背景。

アッティカ・ウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、 セオドア・クリンタス氏は「企業業績がまだ力強いという事実に市場は 注目している」と述べ、「ある種の債券忌避が見られる。過剰な流動性 が株式に流れ込んでおり、それで欧州相場が上昇している」と続けた。

この日の西欧市場では、ポルトガルとアイスランドを除く16カ国で 主要株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Advance as Earnings Beat Analysts’ Estimates(抜粋)

◎欧州債券市場

19日の欧州債市場でスペイン国債が下落し、10年債利回りは1 週間ぶりに7%台に乗せた。この日の国債入札で借り入れコストが上 昇したことが手掛かり。

ドイツ2年債利回りは10営業日連続でマイナスとなった。同国 議会はスペインの銀行支援をめぐる採決を行う。ドイツ国債より利回 りが高く、比較的安全な資産を求める動きが強まり、オーストリアと ベルギー、フランスの国債利回りは過去最低を付けた。

一方、スペイン2年債は4営業日続落。この日行われた29億8000 万ユーロ相当の国債入札では、応札倍率が前回入札を下回った。ショ イブレ独財務相は、スペイン政府が同国の銀行向け救済資金を保証す る必要があると語った。スペイン10年債利回りは7%を突破。これ はギリシャとポルトガル、アイルランドが国際支援の要請を余儀なく された危険水域とされている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテ ジト、ジョン・レイス氏(ロンドン在勤)は、「こうした金利水準で小 規模の資金を借り入れる度に負担はどんどん重くなる」と述べ、「スペ インのコントロールが失われつつある兆候だ。入札後に中核国の国債 がやや上げ、これら国債に対するスペイン債の上乗せ金利が拡大した」 と語った。

ロンドン時間午後4時36分現在、スペイン2年債利回りは前日 比15ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.17%。 前週末比では71bp上げている。同国債(表面利率3.4%、2014年 4月償還)価格は0.24下げ97.075。

10年債利回りは5bp上昇し7.01%。10日以来の高水準となる

7.04%に達する場面もあった。同年限のドイツ国債に対する利回り上 乗せ幅(スプレッド)は583bpと、先月18日に付けた過去最高の 589bpに接近した。

ドイツ2年債利回りは前日比1bp上昇のマイナス0.053%。前 日はマイナス0.074%まで下げ、1990年にブルームバーグがデータ 集計を開始して以来の最低を記録した。

原題:Spanish Bonds Fall as Yields Surge at Auction; French Notes Gain(抜粋)

◎英国債市場

19日の英国債市場では中・長期債が下落し、10年債利回りは今 月に入ってから最大の上げとなった。英政府は17億5000万ポンド 相当の40年債の入札を行った。

10年債利回りは過去最低まで4ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)未満の水準から上昇。株高で比較的安全とされる英国債の 需要が後退した。この日発表された経済統計で6月の小売売上高がエ コノミスト予想を下回る伸びだったことを背景に、2年債利回りは過 去最低を記録した。

モニュメント・セキュリティーズのストラテジスト、マーク・オ ズワルド氏(ロンドン在勤)は「現在の利回りでは、英国債を積極的 に買いに行く雰囲気ではない」とし、「短期債は単なる安全な投資先と なっている」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、10年債利回りは前日比5bp上昇 の1.52%。一時は7bp上げ、先月29日以降で最大の上昇となった。 同国債(表面利率4%、2022年3月償還)価格はこの日、0.5下 げ121.10。過去最低は1日に記録した1.439%。

英公債管理局(DMO)は2052年7月償還債を入札。平均落札 利回りは3.055%、応札倍率は1.67倍となった。既発40年債の利 回りは6bp上げ3.08%となった。

原題:U.K. 10-Year Gilts Fall After Auction; Pound Gains Versus Euro(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE