欧州債;スペイン10年債利回り、1週ぶり危険水域の7%台

19日の欧州債市場でスペイン国債が 下落し、10年債利回りは1週間ぶりに7%台に乗せた。この日の国債入 札で借り入れコストが上昇したことが手掛かり。

ドイツ2年債利回りは10営業日連続でマイナスとなった。同国議会 はスペインの銀行支援をめぐる採決を行う。ドイツ国債より利回りが高 く、比較的安全な資産を求める動きが強まり、オーストリアとベルギ ー、フランスの国債利回りは過去最低を付けた。

一方、スペイン2年債は4営業日続落。この日行われた29億8000万 ユーロ相当の国債入札では、応札倍率が前回入札を下回った。ショイブ レ独財務相は、スペイン政府が同国の銀行向け救済資金を保証する必要 があると語った。スペイン10年債利回りは7%を突破。これはギリシャ とポルトガル、アイルランドが国際支援の要請を余儀なくされた危険水 域とされている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテジ ト、ジョン・レイス氏(ロンドン在勤)は、「こうした金利水準で小規 模の資金を借り入れる度に負担はどんどん重くなる」と述べ、「スペイ ンのコントロールが失われつつある兆候だ。入札後に中核国の国債がや や上げ、これら国債に対するスペイン債の上乗せ金利が拡大した」と語 った。

ロンドン時間午後4時36分現在、スペイン2年債利回りは前日比15 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.17%。前週末比で は71bp上げている。同国債(表面利率3.4%、2014年4月償還)価格 は0.24下げ97.075。

10年債利回りは5bp上昇し7.01%。10日以来の高水準とな る7.04%に達する場面もあった。同年限のドイツ国債に対する利回り上 乗せ幅(スプレッド)は583bpと、先月18日に付けた過去最高の589b pに接近した。

ドイツ2年債利回りは前日比1bp上昇のマイナス0.053%。前日 はマイナス0.074%まで下げ、1990年にブルームバーグがデータ集計を 開始して以来の最低を記録した。

原題:Spanish Bonds Fall as Yields Surge at Auction; French Notes Gain(抜粋)

--取材協力:Rainer Buergin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE