米景気先行指数:6月は0.3%低下、年初来2度目のマイナス

6月の米景気先行指標総合指数 (LEI)は予想以上に低下した。マイナスは年初来2度目。前回は4 月に0.1%低下していた。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが発表した6月のは前月 比0.3%低下した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 予想の中央値は0.1%低下だった。前月は0.4%の上昇だった。

LEIの主要10項目のうち6項目がマイナス寄与となった。特に製 造新規受注や消費者期待度の落ち込みが影響した。長短金利スプレッド など4項目はプラスに寄与した。

一致指数は0.2%上昇。伸び率は前月から変わらず。同指数には全 米経済研究所(NBER)が景気循環の判定に使用する雇用者数や個人 所得、企業売上高などが含まれる。

遅行指数は0.2%上昇。前月は0.3%上昇していた。

ください。

原題:Index of U.S. Leading Indicators Falls More Than Forecast (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE