ロンドン外為:ユーロほぼ全面安、スペイン入札で需要低下

ロンドン時間19日午前のスペイン国 債入札後の外国為替市場で、ユーロはほぼ全面安。入札での需要低下を 受け、金融危機の悪化懸念が強まった。

スペイン銀行(中央銀行)によると、入札で2年債の応札倍率 は1.9倍と6月の入札時の4.26倍から低下した。5年債も2.06倍と先月 の3.44倍を下回った。

ロンドン時間午前9時56分現在、ユーロは対円で0.3%安の1ユー ロ=96円50銭。対ドルは0.1%安の1ユーロ=1.2273ドル。

円はドルに対して0.2%高の1ドル=78円63銭。

原題:Euro Weakens After Demand Declines at Spanish Debt Auction (抜粋)