NY原油先物時間外:7日続伸-ガソリン在庫減などで

ニューヨーク原油先物相場は19日の 時間外取引で7日続伸。米ガソリン在庫が予想外に減少したほか、米住 宅着工が予想を上回ったことが好感された。

原油先物は一時、0.7%上昇し7週間ぶりの高値を付けた。米エネ ルギー省が発表した先週のガソリン在庫は180万バレル減少した。ブル ームバーグ・ニュースの調査だと120万バレル増が予想されていた。原 油在庫も減少した一方、石油製品の総消費は3週連続で増加した。米商 務省が発表した6月の住宅着工は過去約4年間で最高水準まで増えた。

IHSエナジー(シンガポール)のマネジングディレクター、ビク ター・シャム氏は「市場の地合いは全般的により楽観的となっている。 在庫は原油もガソリンも減っており、相場の支援材料だ」と述べた。

原油先物8月限は一時、61セント高の1バレル当たり90.48ドルを 付けた。シンガポール時間午後0時53分(日本時間同1時53分)現 在、90.47ドルで推移している。8月限は20日に納会を迎える。前日の 通常取引は65セント高の89.87ドルで引けた。終値としては5月29日以 来の高値。年初来では8.5%の下落。9月限は51セント高の90.68ドルで 推移。

原題:Oil Rises for a Seventh Day on U.S. Gasoline Stockpiles, Housing(抜粋)

--取材協力:Yee Kai Pin.