ノキア:4-6月赤字も、主力「ルミア」の販売は予想上回る

業績不振のフィンランドの携帯電話 メーカー、ノキアは4-6月(第2四半期)について、スマートフォン (多機能携帯端末)の主力製品販売台数が一部の市場予想を上回ったこ とを明らかにした。ただ、携帯端末事業は今後も赤字状態が続くとの見 通しも示した。

19日の発表資料によると、同社製スマートフォン「ルミア」の4- 6月の販売台数は400万台に増えた。7-9月(第3四半期)の機器部 門の赤字は前期並みを見込んでいるという。3大格付け会社によるノキ アの格付けはジャンク級(投機的水準)。

4-6月の純損失は14億1000万ユーロ(約1363億円)と、前年同期 の3億6800万ユーロから拡大した。ブルームバーグがまとめたアナリス ト予想平均(6億4110万ユーロ)を大幅に上回る赤字だった。売上高は 前年同期比19%減の75億4000万ユーロ。アナリスト予想は73億2000万ユ ーロだった。

原題:Nokia Reports Lumia Sales Topping Estimates as Losses Widen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE