ブラジル株:ボベスパは続伸-国内成長見通しで消費株など高い

18日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が続伸。ブラジルの景気回復が企業利益を押し上げると の観測から、住宅建設株と消費関連株が買われた。

住宅建設会社PDGレアルティSAエンプレエンジメントス・エ・ パルチシパソンエスは3.5%高。消費財メーカーのイーペルマルカス は3.2%上昇。一方、鉄鉱石生産のヴァーレは0.4%安。中国の成長が足 踏みするとの懸念を背景に、同国を最大の輸出市場とするヴァーレが下 落したことから、ボベスパ指数の上げは限定的だった。携帯電話サービ ス会社、チン・パルチシパソエスは2.8%、電話会社のオイは4.5%それ ぞれ値下がり。両社は当局から規制措置を科される可能性があると報じ られたことが嫌気された。

ボベスパ指数は前日比1.3%高の54583.13と、6日以来の高値で終 了。指数構成銘柄のうち上昇が47銘柄、下落は18銘柄。通貨レアル は0.1%安の1ドル=2.0232レアル。

オレン・インベスチメントスのエコノミスト、グスタボ・メンドン サ氏は電話取材に対し、「国内消費に依存する企業は、経済活動の回復 による恩恵を受けるだろう」と指摘。「直近の利下げによる効果が本格 的に表れることで、今後数カ月で成長が加速するはずだ」と述べた。

原題:Bovespa Index Rises to Ten-Day High on Brazil Growth Outlook(抜粋)

--取材協力:Denyse Godoy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE