IMF:ユーロ圏のGDP成長率、今年はマイナス0.3%、来年は0.7%

国際通貨基金(IMF)はユーロ圏 経済政策に関するスタッフリポートを公表した。

・ユーロ圏の経済見通しには深刻な下振れリスク ・ドイツとフランスの成長は弱い ・ECBには利下げ余地、さらなる非伝統的措置も ・ユーロ圏の一部金融市場は厳しい圧力にさらされている ・市場圧力は通貨同盟の存続を問うている ・より緊密な同盟に向けユーロ圏諸国に断固とした行動を訴え