7月18日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが対商品国通貨で下落-高利回り資産に強い需要

18日のニューヨーク外国為替市場では、ドルがオーストラリア・ド ルやカナダ・ドルなど商品国通貨に対して下落。投資家が高利回り資産 を買い求めたことが背景だ。株価上昇も材料となった。

ユーロは対スウェーデン・クローナで2000年以来の安値に下落。ド イツのメルケル首相は、政策当局者が一段と努力しない限り「欧州プロ ジェクト」の成功がリスクにさらされると述べた。英ポンドは対ドルで 下落。イングランド銀行(英中央銀行)が利下げを検討する可能性を示 唆したことが手掛かりとなった。

バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長は前日に続き議会証 言を行い、必要に応じて追加措置を講じる用意があることをあらためて 表明した。

ソシエテ・ジェネラルの法人為替営業ディレクター、カール・フォ チェスキ氏(ニューヨーク在勤)は、「米国経済が減速しているように 見受けられるが、株式は上昇している。これがメキシコ・ペソといった リスク通貨の相場を押し上げている」と述べ、「この日の通貨は確実に 株の動向に左右されている。各国中銀の緩和策を背景に投資資金は行き 場を求めている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、オーストラリア・ドルは対米ドル で0.5%上昇して1豪ドル=1.0363米ドル。カナダ・ドルは対米ドル で0.2%上昇した。

ユーロは対ドルで0.1%下げて1ユーロ=1.2284ドル。対円で は0.4%安の1ユーロ=96円80銭。ドルは対円で0.3%下げて1ドル=78 円80銭。

ベージュブック

午後にFRBが発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によ ると、経済活動は6月から7月初めにかけて、緩やかなペースで拡大し た。一部地区では、小売販売と製造業活動が鈍化した。ベージュブック 公表後もドルは対豪ドルで軟調、対ユーロで堅調に推移した。

JPモルガン・チェースの指数によると、主要7カ国(G7)通貨 の3カ月物オプションのインプライドボラティリティ(IV、予想変動 率)は8.67%と、2007年11月以来の低水準をつけた。過去5年間のIV は平均で12.4%だった。

ドルはユーロに対して4日ぶりに上昇。米10年債利回りは6月1日 に記録した過去最低の1.4387%に4ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)未満に迫った。

ドイツの入札

ドイツ政府が18日実施した入札では2年債の平均落札利回りが初め てマイナスとなった。

イングランド銀行は今月4、5両日に開いた金融政策委員会 (MPC)で政策金利を過去最低の0.5%に据え置くことを全会一致で 決めた。議事録によれば、利下げには量的緩和拡大に比べて「難点」が あり、利下げのプラス面とマイナス面をめぐる意見は6月と変わらなか った。しかし新規措置がもたらす影響によって、今後は判断が変わる可 能性があるという。英ポンドはこの日一時、対ドルで0.5%下げる場面 もあった。

ユーロは主要通貨の過半数に対して下落した。メルケル首相が率い るキリスト教民主同盟(CDU)のウェブサイトに18日掲載されたイン タビューで、首相は「われわれはまだ、全てが機能し良い結果になると 確信できる方法で欧州プロジェクトを形成することができていない」と 指摘。「つまり、われわれは作業を続けなければならないということだ が、私は成功すると楽観している」と語っている。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ドルは対円での200日 移動平均である79円06銭を下回ったことから、6月15日につけた78円61 銭が下値支持線になる可能性がある。

原題:Dollar Falls Versus Commodity Currencies as Investors Seek Yield(抜粋)

◎米国株:続伸、予想上回る企業決算を好感-住宅着工件数も増加

米株式相場は続伸。インテルやハネウェル・インターナショナルを はじめとする企業決算で利益が予想を上回ったほか、米住宅着工件数が 4年ぶり高水準に増加したことが好感された。

S&P500種株価指数の主要10業種ではテクノロジー株が上昇率首 位。インテルの上げが寄与した。同社は通期売上高見通しを下方修正し たものの、四半期利益が予想を上回ったことから買いが膨らんだ。ハネ ウェルは急伸。資本財株の上昇をけん引した。ストレージ(外部記憶装 置)サービス最大手EMCも大幅高。同社が経営権を握る仮想化ソフト ウエアメーカー最大手の米ヴイエムウェアの最高経営責任者(CEO) 人事を発表したことが手掛かり。

S&P500種は前日比0.7%上昇して1372.78。前日も0.7%上昇して いた。ダウ工業株30種平均はこの日103.16ドル(0.8%)高の12908.70 ドル。

チェース・インベストメント・カウンセル(バージニア州シャーロ ッツビル)のピーター・タズ社長は電話インタビューで、「今決算シー ズンや先行きに対する悲観的な見方がやや後退した」とし、「多くの企 業についてもっと悪い業績が予想されていた」と続けた。

米商務省の発表によると住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、 以下同じ)は前月比6.9%増の76万戸。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト予想の中央値は74万5000戸だった。前月は71万1000 戸だった。先行指標となる住宅着工許可件数は減少した。

「持続不可能」

バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長は18日、下院金融委 員会での半期に一度の議会証言で、米国の財政は「持続不可能」な状況 であるとあらためて強調した。またFRBがこの日発表した地区連銀経 済報告(ベージュブック)によると、経済活動は6月から7月初めにか けて、緩やかなペースで拡大した。一部地区では、小売販売と製造業活 動が鈍化した。

S&P500種は4月に付けた年初来高値からこれまでに3.3%下落。 テクノロジーと金融株の下げが特に大きい。予想を下回る景気指標の発 表や、四半期ベースで2009年以来で初の減益決算が予想されていること を受け、投資家は警戒心を高めている。

スイス2位の銀行クレディ・スイス・グループは、S&P500種の 年末予想を従来の1440から1425に下方修正。いわゆる「財政の崖」が米 経済にリセッション(景気後退)をもたらす恐れを理由に挙げた。

決算シーズン

ブルームバーグの集計によれば、S&P500種構成銘柄でこれまで に四半期決算を発表した企業63社のうち、利益が市場予想を上回ったの は73%。発表済み企業の収益は前年同期比4.6%減。S&P500種銘柄の 企業全体では2.1%の減益が見込まれている。

ただしこの日はテクノロジー株が1.9%、資本財は1.7%それぞれ上 昇し、業種別指数で上昇率上位を占めた。ダウ平均でも、著しく上昇し たのはインテルのほかマイクロソフト、IBM、ヒューレット・パッカ ード(HP)と、テクノロジー銘柄に集中した。

ジャネイ・モントゴメリー・スコット(フィラデルフィア)のチー フ投資ストラテジスト、マーク・ルッシニ氏はテクノロジー株について 「売られ過ぎており、買い戻しが入る頃合いだ」と指摘。決算発表は 「予想ほど悪くなかった。それだけで、割安な主力銘柄を狙う投資家を 引き付ける十分な材料となった」と述べた。

インテルは3.3%上昇。ハネウェルは6.7%高、EMCは9.4%高で 取引を終えた。

原題:U.S. Stocks Rise as Earnings Beat Estimates, Housing Starts Gain(抜粋)

◎米国債:上昇、FRB議長が財政状況「持続不可能」と再度指摘

米国債相場は上昇。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議 長は2日目の議会証言で、米国の財政状況は「持続不可能」だとあらた めて表明した。市場では安全とみられる資産を求める動きが続いた。

10年債利回りは過去最低水準まで5ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)未満で推移。バーナンキ議長は今年前半に経済活動の「ペ ースが減速した」と指摘し、「適切に追加行動をとる用意がある」と表 明。米連邦準備制度理事会(FRB)が午後に発表した地区連銀経済報 告(ベージュブック)によると、経済活動は6月から7月初めにかけ て、緩やかなペースで拡大した。財務省はあす19日に10年物のインフレ 連動債(発行額150億ドル)の入札を実施する。

大和証券キャピタル・マーケッツ・アメリカの債券部門責任者、レ イ・レミー氏(ニューヨーク在勤)は議長証言について、「多く人々が 思っていたよりも少しネガティブに景気を見ているようだ」と指摘。 「市場には心地良いと言えよう」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比1bp下げて1.49%。同年債(表 面利率1.75%、償還期限2022年5月)価格は1/8上昇して102 10/32。利 回りが過去最低を記録したのは6月1日、1.4387%だった。

30年債利回りは1bp下げて2.6%。過去最低は6月1日に記録し た2.51%。

欧州債市場ではこの日、ドイツ5年債の利回りが一時4bp低下 し、過去最低の0.254%を付けた。また同年限の英国債の利回りも過去 最低の0.472%を付けた。

財政の崖

バーナンキ議長は下院金融サービス委員会での証言後、質疑応答 で、いわゆる「財政の崖」を容認すれば、景気回復を損なうことになる と発言した。米連邦準備制度理事会(FRB)は今月31日-8月1日に 連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する。

ベージュブックによれば、小売販売および製造業活動が一部地区で 鈍化する中、6月から7月初めにかけて景気の拡大ペースは限られたも のとなった。今回のベージュブックは、今年前半に成長が勢いを失った とするバーナンキ議長の認識を裏付けるものだ。

米ニューヨーク連銀は、2020年8月から22年5月に償還を迎える米 国債47億1400万ドル相当を買い入れた。

市場の懸念

FTNファイナンシャル(テネシー州メンフィス)の機関債調査責 任者、ジム・ボーゲル氏は「市場の懸念が次第に強まっているのが感じ 取れる」と述べた。

インターディーラー・ブローカー最大手ICAPによると、米国債 の売買高は1710億ドルと、前日の2130億ドルから減少。年初以降の平均 は2420億ドル。

ボラティリティ(変動性)の指標とされるメリル・オプション・ボ ラティリティ・エスティメート(MOVE)指数は61.9bpと、5月11 日以来の低水準。5月7日には56.7bpと5年ぶり低水準を付けた。年 初来の平均は76bpで、年初来の最高は6月15日の95.4bp。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の国債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「米国債市場は、金融 当局の追加行動が市場にどのような意味があるのかを消化している最中 だ」とし、「われわれは、国内・海外の両方でなおも経済面での大きな 向かい風が存在するという認識を持っている」と続けた。

原題:Treasuries Rise as Bernanke Says Fiscal Situation Unsustainable (抜粋)

◎NY金:続落、1週間ぶり大幅安-FRB議長証言で緩和期待が後退

ニューヨーク金先物相場は続落。1週間ぶりの大幅安となった。米 連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が一段の米国債購入に 向けた具体的な計画を示さなかったことから、売りが膨らんだ。

バーナンキ議長は前日の議会証言で、追加緩和の選択肢を当局が検 討していると述べた。この日はドルが主要通貨のバスケットに対して持 ち直したことも、代替投資先としての金の需要減退につながった。

貴金属精製・調査会社キトコ(モントリオール)のアナリスト、ジ ョン・ナドラー氏はリポートで、「米金融当局への期待が裏切られた。 ドルが上昇し、金は圧迫されている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比1.2%安の1オンス=1570.80ドルで終了。中心限月として は6日以来の大幅下落となった。

原題:Gold Falls Most in a Week as Bernanke Damps Stimulus Speculation(抜粋)

◎NY原油:続伸、一時90ドル台-米住宅着工やガソリン在庫で

ニューヨーク原油先物相場は6営業日続伸し、一時は約2カ月ぶり にバレル当たり90ドル台に乗せた。米住宅着工件数の予想以上の増加 やガソリン在庫の減少が手掛かり。

米商務省が発表した6月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換 算、以下同じ)は前月比6.9%増の76万戸となった。米エネルギー省に よると、先週のガソリン在庫は182万バレル減少した。ブルームバーグ がまとめたアナリスト予想は120万バレルの増加だった。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「住宅 市場が底入れしたことを確認するもので、好調な下期および原油需要の 改善に対する期待が高まる」と指摘。「ガソリン在庫が減少するなど、 在庫統計はまずまず強気な内容だった」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前日 比65セント(0.73%)高の1バレル=89.87ドルで終了。一時は90.04ド ルと日中の水準としては5月30日以来の高値を付けた。年初から は9.1%値下がりしている。

原題:Crude Rises Over $90 on Housing Starts, Gasoline Inventories(抜粋)

◎欧州株:反発、金融緩和に期待-クレディ・スイス、バンキア高い

18日の欧州株式相場は反発。ストックス欧州600指数がここ4営業 日で下げたのは前日のみとなっている。スイス2位の銀行クレディ・ス イス・グループが増益決算と資本増強策を発表したほか、この日公表さ れたイングランド銀行(英中央銀行)の議事録で利下げ再検討の可能性 が示されたことも買い材料。

クレディ・スイスは4.5%高。年内の資本増強計画のほか、追加の 経費削減方針を明らかにした。スペインが国有化した銀行、バンキア は14%の値上がり。銀行による個人投資家への優先株売却を政府は阻止 するとデギンドス経済・競争力相が発言したことが手掛かり。オランダ の半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングを中心にテクノロ ジー銘柄も上げた。

ストックス欧州600指数は前日比1.1%高の258.93で終了。6月4日 に付けた年初来安値から11%戻している。欧州中央銀行(ECB)や中 国中銀による利下げのほか、ユーロ圏首脳らがスペインの銀行向け緊急 融資の返済ルールを緩和したことなどが背景。

バークレイズ・キャピタルの株式ストラテジスト、エドムンド・シ ング氏(ロンドン在勤)は「ECBや英中銀など金融政策を通じた刺激 策が多く実施されており、たとえ米金融当局が量的緩和第3弾に踏み込 まなかったとしても、景気が弱くなればいずれはやらざるを得ないとい う感じは依然としてある」と指摘。「景気改善を期待するところだが、 それがなくても金融刺激があるというわけだ」と述べた。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長はこの日、半期 に一度の金融政策に関する証言を下院金融委員会で行った。前日は上院 銀行委員会で証言した。英中銀がこの日公表した今月の金融政策委員会 (MPC)の議事録では、銀行に流動性を供給し融資を促す新措置の効 果を見極めた後、利下げを再検討する可能性が示された。MPCが7対 2で量的緩和再開を決めたことも明らかになった。

この日の西欧市場では、フィンランドとアイスランドを除く16カ国 で主要株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Rise as Banks Top Estimates; Credit Suisse Gains(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、入札で初のマイナス利回り

18日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、2年債と5年債の 利回りが過去最低を記録した。金融不安から安全を求める動きが高ま る中、2014年償還債の入札で落札利回りが初めてマイナスとなった ことが手掛かり。

ドイツ2年債は過去6営業日で5日目の上げとなった。41億 7000万ユーロ相当の2年債入札で、平均落札利回りはマイナス

0.06%となった。フィンランド2年債利回りが初めてゼロを下回った ほか、フランスとオーストリアの10年債利回りはこれまでの最低を 記録した。一方、スペイン国債は軟調。同国の中央銀行の発表によれ ば、スペインの銀行の不良債権比率は18年ぶり高水準に達した。

DZ銀行のアナリスト、クリスチャン・ライシター氏(フランク フルト在勤)は「逃避先を模索する動きが続いており、ドイツが焦点 となっている」と述べ、「欧州のその他の中核国の需要も高まってい る。債務危機に関して良いニュースは聞こえてこない」と語った。

ロンドン時間午後4時46分現在、ドイツ2年債利回りは前日比 1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下のマイナス

0.061%。一時はマイナス0.074%まで下げ、1990年にブルームバ ーグがデータ集計を開始して以来の最低となった。同国債(表面利率 ゼロ、2014年6月償還)価格はこの日、0.025上げ100.115。

ドイツ5年債利回りは4bp低下の0.254%と、これまでの最低 となった。10年債利回りは3bp下げて1.2%。

フィンランドの2年債利回りは一時、3bp下げマイナス

0.008%を記録。17日に初めてゼロを割り込んだオーストリア2年 債利回りはこの日、1bp上昇し0.06%となった。

スペイン国債

スペイン2年債は3日続落。スペイン銀行(中央銀行)のデータ によれば、同国の銀行の融資全体に占める不良債権の比率は5月に

8.95%と、4月の8.72%を上回った。

利回りは2年物が前日比29bp上昇の5.01%、10年物は13b p上げて6.96%となった。

原題:German Bunds Rise as Note Sale Draws Negative Yield for 1st Time(抜粋)

◎英国債:上昇、2年債と5年債利回り過去最低-追加利下げ観測

18日の英国債相場は上昇し、2年債と5年債の利回りは過去最 低まで低下した。イングランド銀行(英中央銀行)当局者が政策金利 のさらなる引き下げを検討する可能性を明らかにしたことが手掛かり となった。

10年債利回りは6週間ぶり低水準を付けた。英中銀がこの日公 表した金融政策委員会(MPC)議事録では、新たな流動性措置の効 果を見極めた後、追加利下げを検討する可能性が示唆された。当局者 らは7対2で資産買い取りプログラムの規模拡大を決定した。

ロイズ・バンキング・グループ(ロンドン)の金利ストラテジス ト、バトサラ・ダッタ氏は「議事録は予想していたよりもハト派的な 内容だった」とし、「11月会合後の利下げの確率が高まった。こう した可能性が市場に織り込まれつつあるのは明白だ」と続けた。

ロンドン時間午後4時10分現在、2年債利回りは前日比4ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.16%。一時は

0.144%と、1992年にブルームバーグがデータ集計を開始して以来 の最低を記録した。同国債(表面利率2.25%、2014年3月償還)価 格はこの日、0.065上げ103.41。

5年債利回りは5bp低下し過去最低となる0.472%となった。 10年債利回りは1.45%と、6月1日以来の低水準を付けた。同日に は1.439%の過去最低を記録した。

原題:Gilt Yields Fall to Records as BOE Says May Consider Rate Cut(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007