NY金:続落、1週間ぶり大幅安-FRB議長証言に失望

ニューヨーク金先物相場は続落。1 週間ぶりの大幅安となった。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナ ンキ議長が一段の米国債購入に向けた具体的な計画を示さなかったこと から、売りが膨らんだ。

バーナンキ議長は前日の議会証言で、追加緩和の選択肢を当局が検 討していると述べた。この日はドルが主要通貨のバスケットに対して持 ち直したことも、代替投資先としての金の需要減退につながった。

貴金属精製・調査会社キトコ(モントリオール)のアナリスト、ジ ョン・ナドラー氏はリポートで、「米金融当局への期待が裏切られた。 ドルが上昇し、金は圧迫されている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比1.2%安の1オンス=1570.80ドルで終了。中心限月として は6日以来の大幅下落となった。

原題:Gold Falls Most in a Week as Bernanke Damps Stimulus Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE