BOA:30億ドルの追加経費削減へ、ゴールドマンに続き対応

米銀バンク・オブ・アメリカ( BOA)は投資銀行とトレーディング、ウェルスマネジメント事業で年 間30億ドル(約2360億円)の経費を追加で削減する計画だ。

これを2015年半ばまでに達成することを目指している。節減の規模 は対象部門の年間経費の約11%に相当する。同行が18日、ウェブサイト に資料を掲載した。同行は人員削減数には触れていないが、取り組みは 既に開始したとしている。

住宅ローン関連の損失がかさみ規制強化が収入の重しとなる中で、 ブライアン・T・モイニハン最高経営責任者(CEO)は収益改善の手 段を経費削減に求めようとしている。同CEOは3月の会議で、「われ われが置かれている収入環境の中で今のままの経費を支えることはでき ない」とし、「収入環境が改善したとしても経費については厳しい姿勢 が必要だ」と語っていた。

この日の同行発表によると、合理化の第1段階の一部として今年末 までに10億ドルの経費を削減する計画は順調に進んでいる。経費削減の 目標は合計80億ドルになった。

ウォール街の金融機関はいずれも経費圧縮に取り組んでいる。ゴー ルドマン・サックス・グループも今週、昨年の14億ドルに加えて今年、 追加の5億ドルを削減する方針を明らかにした。

原題:BofA to Cut $3 Billion in Investment Banking, Trading Expenses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE