米USバンコープ:11四半期連続で前年同月比増益

KBW銀行指数銘柄で過去1年にわ たり株価上昇率首位のUSバンコープは、4-6月(第2四半期)決算 が増益となった。これで11四半期連続で前年同期比増益を達成した。収 入が増加したほか、貸倒引当金の減少が寄与した。

18日の同行発表によると、利益は14億2000万ドル(約1121億円、1 株当たり71セント)と、前年同期の12億ドル(同60セント)から18%増 加。ブルームバーグがまとめたアナリスト31人の予想平均、1株当た り70セントを上回った。

収入は前年同期比8.1%増の50億700万ドル。純金利収入は6.6%、 非金利収入は9.7%それぞれ増加した。住宅ローン部門の収入は2倍余 り増加して4億9000万ドル。前年同期は2億3900万ドルだった。

一方、貸倒引当金は4億7000万ドルと、前年同期の5億7200万ドル から減少。また、ホールセール(大口)銀行業務と商用不動産部門の利 益は21%増の3億3000万ドルだった。個人や中小企業向け銀行業務の利 益も3億7800万ドルと、前年同期の1億8900万ドルから倍増した。

原題:U.S. Bancorp Quarterly Profit Rises 18% as Revenue Increases (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE