香港株(終了):下落、雇用めぐる懸念で-小売・食品株安い

香港株式相場は下落。中国の小売・ 食品株が安い。温家宝首相が中国本土の雇用情勢は一段と厳しくなると の認識を示したことが響いた。中国の住宅価格回復で、一段の成長支援 に向けた政府の取り組みは抑制されるとみられている。

ビール醸造やスーパーマーケット運営を手掛けるチャイナ・リソー シズ・エンタープライズ(華潤創業、291 HK)は2.7%安。加工食品メ ーカーの康師傅(322 HK)や菓子メーカーの中国旺旺(151 HK)も下落 した。中国政府系の不動産開発会社チャイナ・リソーシズランド(華潤 置地、1109 HK)は5.9%安。

売り上げの72%を北米で稼ぐ電動工具メーカーのテクトロニック・ インダストリーズ(創科実業、669 HK)は4.9%高。米連邦準備制度理 事会(FRB)のバーナンキ議長が、雇用市場が失速した場合に複数の 景気支援策に目を向けていると説明したことが手掛かりとなった。

ハンセン指数は前日比215.45ポイント(1.1%)安の19239.88で終 了。構成49銘柄中、値下がりと値上がりの比率は約3対1。ハンセン中 国企業株(H株)指数は同0.9%安の9292.55。

プライド・インベストメンツ・グループのルイス・ワン最高投資責 任者(CIO、香港在勤)は「市場にとって温首相の発言は中国経済が 鈍化しつつあり、そのペースは政府の当初の予想よりもずっと速いとい うことを裏付けるものだ」と指摘。「政府が刺激策を打ち出す決意を示 せば、市場の好転につながるだろう」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Slide as Wen Warns of ‘Severe’ Labor Situation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE