仏クレディ・アグリ、シェブルー売却でケプラーと独占交渉

フランス銀行3位のクレディ・アグ リコルは、傘下のトレーディング・調査部門シェブルーの売却に向けて ケプラー・キャピタル・マーケッツと独占交渉を進めている。クレデ ィ・アグリコルはまた、手数料収入が落ち込む中、株式資本市場ビジネ スでイタリアのウニクレディトとの提携も検討している。

クレディ・アグリコルとケプラーは17日の共同声明で、クレディ・ アグリコルが新たに誕生するケプラー・シェブルーの戦略的株主になる だろうと説明した。仏最大のブローカーとなる新会社の提携条件につい ては公表していない。クレディ・アグリコルとウニクレディトは、同計 画の一環として株式発行に関する顧客へのアドバイス業務での連携を検 討している。

クレディ・アグリコルは、銀行監督当局から自己資本増強を求めら れるとともに、トレーディングや引受手数料が減少する中で資産圧縮と コスト削減に取り組んでいる。ケプラーとウニクレディトは西欧と一部 の東欧地域でブローカー業務を既に統合している。

クレディ・アグリコルの法人・投資銀行部門の最高経営責任者 (CEO)、ジャンイブ・オッシュー氏は声明で、「ブローカー1社と 銀行2行との間で全く新しいタイプの協力関係を築くことにより、当行 は厳しい業界展望に対応している」と説明した。

原題:Credit Agricole to Sell Unit to Kepler, Team Up With UniCredit(抜粋)

--取材協力:Maud van Gaal、Fabio Benedetti-Valentini.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE