中国建築国際が10カ月ぶり大幅安、増資計画を嫌気-香港市場

香港の建設会社、中国建築国際集 団の株価が18日の香港株式市場で下落。一時、約10カ月ぶりの大幅安と なった。最大22億香港ドル(約224億円)相当の増資計画の発表が嫌気 された。

中国建築国際の株価は香港時間午前10時21分(日本時間同11時21 分)現在、前日比8.2%安の7.71香港ドル。一時は9.1%安と、昨年9月 以来の大幅な下げを記録した。年初来の上昇率は40%に縮小。ハンセン 指数の今年の値上がり率は4.8%。

香港証券取引所への同日の届け出によれば、中国建築国際の筆頭株 主である中国海外集団が保有する中国建築国際の発行済み株式3億株を 1株7.57香港ドルで売却する。これは17日の中国建築国際株の終値 を9.88%下回る水準だ。中国海外集団はその上で、中国建築国際が発行 する新株を、売却数と同数取得する。

原題:China State Construction Falls on Share Sale: Hong Kong Mover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE