グロース氏のETF、資産が倍増-旗艦ファンド上回るリターン

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース氏が運用する上場投 資信託(ETF)では、2カ月足らずで運用資産が倍増した。同ETF の運用成績は、同氏が運用する世界最大の債券ファンド「トータル・リ ターン・ファンド」を上回る。

PIMCOのウェブサイトによると、3月1日に上場した「 PIMCOトータル・リターン・ETF」の純資産は、16日の取引終了 時点で20億1000万ドル(約1590億円)。ブルームバーグのデータによる と、16日までの同ETFのリターンが7.7%だったのに対し、トータ ル・リターン・ファンドのリターンは4.2%だった。

ETFの取引柔軟性や投資しやすさをグロース氏の銘柄選択能力と 組み合わせた同ETFは、アクティブ型のETFへの投資家の関心を測 る試金石となる。PIMCOは4月、各国の現地通貨建てインフレ連動 債に投資するアクティブ型ETFを新たに設定。これで同社のアクティ ブ型ETFの合計は6本になった。

PIMCO・トータル・リターン・ETFの5月21日時点での純資 産は10億ドルだった。ブルームバーグのデータによると、同ETFの運 用資産の配分は、住宅ローン関連証券が37%、国債が27%。

原題:Gross’s ETF Soars to $2 Billion as Version Trumps Original (1)(抜粋)

--取材協力:Josh Friedman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE