北朝鮮:金正恩第一書記に元帥の称号-権力基盤固める

北朝鮮の金正恩第一書記は元帥の称 号を付与され、同国での権力基盤を固めた。朝鮮中央通信(KCNA) は16日、朝鮮人民軍の李英鎬総参謀長を党の全ての役職から解任したと 伝えていた。

KCNAは18日、決定は政府と軍の首脳によって17日に下されたと の声明を発表した。元帥の称号付与の発表後、韓国株は下げ幅を縮小し た。

金第一書記は、父の金正日総書記死去後、後継指導者に就任。その 7カ月後に元帥となった。金第一書記は核開発の断念を求める欧米諸国 の圧力をはねつけながら、指導者としてのイメージ向上に努めていた。

バークレイズ・キャピタルのシニア地域エコノミスト、梁偉豪氏 (シンガポール在勤)は、「これは実際、韓国政府にとってはプラスの 動きだ」と指摘。「権力闘争や強硬派によるクーデターの可能性がある との評論家の憶測は現実化しなかった。権力移行は予想よりも円滑かつ 速いペースで進んでおり、これは北朝鮮と資本市場の安定性向上を示唆 するとみている」と分析した。

韓国総合株価指数は、現地時間午後1時8分(日本時間同じ)現 在、0.6%安。北朝鮮が正午に「重大報道」を行うと予告した後、一 時0.9%安となっていた。

金第一書記は新たに元帥の称号を得ることにより、120万人の人民 軍のトップとしての地位を固めた。

韓国統一省はコメントせず

韓国統一省の金炯錫報道官は電話取材に対し、金第一書記の昇格は 国内問題であるため、韓国はこれに関してコメントしないと述べた。

KCNAは17日、朝鮮人民軍の玄永哲大将を次帥に昇格させたと伝 えた。

韓国大統領府の朴正河報道官は、ウェブサイトに掲載した声明で、 李明博大統領がこの日、北朝鮮情勢を協議するため1時間半にわたり国 家安全保障会議を開いたことを明らかにした。同声明によると、李大統 領は担当者らに対し、「北朝鮮の状況を監視し、関係諸国との緊密な協 力を維持する」よう指示したという。

原題:N. Korea Names Kim Jong Un Marshal in Consolidation of Power (1)(抜粋)

--取材協力:Seyoon Kim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE