米ヴイエムウェア:EMCのゲルシンガー氏を後任CEOに

仮想化ソフトウエアメーカー最大手 の米ヴイエムウェアは、ポール・マリッツ最高経営責任者(CEO)の 後任に、ストレージ(外部記憶装置)サービス最大手EMCのパトリッ ク・ゲルシンガー社長を起用する人事を明らかにした。

ヴイエムウェアの発表によると、マリッツCEOはチーフストラテ ジストとしてEMCに戻る。EMCはヴイエムウェアに79%出資。 EMCで情報インフラ関連製品を担当する最高執行責任者(COO)を 務めるゲルシンガー氏は、9月1日付でヴイエムウェアのCEOに就任 する。

ヴイエムウェアの株価は今年に入って3.5%下落。ゲルシンガー氏 は、同社の技術をサーバー分野からストレージやセキュリティーなど他 のIT分野に広げる役目を担うことになると、ISIグループのアナリ スト、ブライアン・マーシャル氏は指摘する。

ヴイエムウェアがこの日発表した4-6月(第2四半期)売上高は 前年同期比22%増の約11億2000万ドル(約890億円)と、ブルームバー グがまとめたアナリスト予想平均の11億1000万ドルを上回った。一部コ ストを除いた営業利益率は32%。ヴイエムウェアが先に示した予想 は30.25-31.25%だった。

原題:VMware Appoints EMC’s Pat Gelsinger CEO to Replace Maritz (2)(抜粋)

--取材協力:Sarah Gill.