年内のQE3の確率、ほぼ五分五分-キャピタル・エコノミクス

米連邦準備制度理事 会(FRB)の バーナンキ議長は、連邦公開市場委員会 (FOMC)が近く量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る とは示唆しなかったものの、今後発表される経済指標の 悪化の度合いを考えると、QE3の確率は五分五分の見 込みだ。キャピタル・エコノミクスの米国担当チーフエ コノミスト、ポール・アッシュワース氏が顧客向けリポ ートで指摘した。

・小売売上高の減少や雇用の減速は、緩やかなペースで の経済成長が続くというバーナンキ議長の見方があまり にも楽観的過ぎることを示唆している

原題:Odds of Qe3 By Dec. Now Roughly 50-50: Capital Economics (抜粋)