BHP:4-6月鉄鉱石生産は前年同期比15%増-予想上回る

世界最大の鉱山会社、英・オースト ラリア系BHPビリトンの4-6月(第4四半期)の鉄鉱石生産は、前 年同期比15%増加した。豪州のピルバラ地域での事業拡大が寄与したも ので、通期ベースでも12年連続で過去最高を記録した。

同社の18日の発表によると、4-6月の鉄鉱石生産は4090万トン と、前年同期の3550万トンから増加。ブルームバーグがまとめたアナリ スト5人の予想中央値(3730万トン)も上回った。

BHP株を含め24億豪ドル(約1960億円)相当を運用するエクイテ ィ・トラスティーズのショーン・マニュエル最高投資責任者(CIO) は「鉄鉱石事業は良好だ」と指摘。「中国をめぐるあらゆる雑音や懸念 にもかかわらず、予想されたような鉄鉱石価格の急落を目にしていな い」と述べた。

BHPは鉄鉱石の生産能力を2倍以上に拡大する計画だが、先月に は商品価格下落と世界的な不透明感の強まりに直面し、柔軟な対応が必 要だと指摘していた。

原題:BHP Iron Ore Output Rises 15% to Beat Analyst Estimate (2) (抜粋)

--取材協力:James Paton.