JT、ルーマニアの工場の拡大に約24億円を投資

時価総額でアジア最大のたばこメ ーカー、JTは17日、2011年に始まった開発プログラムの一環として、 ルーマニアの工場を拡大するために2500万ユーロ(約24億円)を投資す ると発表した。

JTは1993年のルーマニア市場への参入以来、同国に1億ユーロ余 り投資し、首都ブカレストにある工場で生産するたばこの65%を輸出し ている。岩井睦男取締役が発表資料で明らかにした。

同社のルーマニア部門のゼネラルマネジャー、ニール・クープラン ド氏は発表資料で、「当局の取り組みや、法律改正、政府とたばこ業界 の協力のおかげで、密輸品が全市場に占める割合は2010年1月の36%強 から12年5月に約13%に低下した。その結果、正規品の販売が増加して おり、工場や新規雇用への追加投資が可能になっている」と説明した。

原題:Japan Tobacco Invests $31 Million in Romanian Plant Expansion(抜粋)