ギリシャがつなぎ融資要請へ、9月までの資金ニーズで-当局者

ギリシャは国際的支援の延長交渉を 開始するのに先立ち、9月までに必要な資金を確保するため、つなぎ融 資を求める。財務省当局者が明らかにした。

同当局者がアテネで記者団に匿名を条件に語ったところによると、 政府は2013-14年の115億ユーロ(約1兆1200億円)規模の予算を全面 的に削減することを避けたい考え。同当局者は焦点を絞った予算削減の 方が重要だと述べた。

サマラス首相と3党連立政権のパートナーらは、欧州連合(EU) の行政執行機関である欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨 基金(IMF)のいわゆるトロイカを納得させ、2回で総額2400億ユー ロに上る同国支援合意に基づく融資を実行してもらうための予算削減策 を取りまとめている。同当局者によると、ユーロ圏の一部財務相らは12 年の同国財政赤字を穴埋めするには年内に追加策を講じる必要があると して、同国に実施を求めており、ギリシャ政府はこうした圧力に抵抗し ている。赤字は予想よりも深刻なリセッション(景気後退)によるもの で、追加の予算削減に踏み切るべきではないと同当局者は述べた。

ブルームバーグ・データによると、ECBが引き受けたギリシャ国 債2本、総額31億ユーロ相当が8月20日に償還日を迎える。トロイカ当 局者は今月24日にギリシャ入りして同国の予算削減策実施をどのように 軌道に乗せるかなどを協議する。

原題:Greece Aiming for Bridge Loan to Cover Needs, Official Says (1)(抜粋)

--取材協力:Marcus Bensasson、Maria Petrakis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE