米新築住宅に回復の兆し:市場指数が7月に10年ぶり大幅上昇

米住宅建設業者の景況感を示す指数 は7月に10年ぶりの大幅な上昇となった。新築住宅市場に回復の兆しが 広がってきた。

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表 した7月の米住宅市場指数は35と、前月の29から上昇した。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は30だった。同指 数で50を下回ると住宅建設業者の多くが現況を「悪い」とみていること を示す。

NAHBのバリー・ルテンバーグ会長はこの日の発表資料で、「住 宅市場は峠を越した。ローン金利が低く住宅価格も非常に割安なうちに 新築住宅を買う利点を理解する購入層が増えている」と指摘した。

一戸建ての現況指数は37に上昇し、2007年2月以来の高水準を付け た。前月は31だった。向こう6カ月の販売見通し指数は44と、2007年4 月以来の高水準。購買見込み客足指数も2007年2月以来の高水準に達し た。

地域別では、4地域全てで景況感が改善。西部では44(前月32)、 北東部は36(同28)に上昇。南部は32(同27)、中西部は34(同31)に それぞれ上昇した。

い。

原題:Homebuilder Confidence in U.S. Rises Most Since September 2002(抜粋)