米ステート・ストリート:ゴールドマンの部門買収で合意

カストディー(証券管理)銀行3位 の米ステート・ストリートは、米ゴールドマン・サックス・グループの ヘッジファンド管理部門を買収することで合意した。業績拡大が狙い。 ステート・ストリートの4-6月(第2四半期)決算は世界的な相場低 迷や低金利の影響で、収入が減少した。

ステート・ストリートは17日、ゴールドマンの同部門を5億5000万 ドル(約435億円)の現金で買収することで合意したと発表。ヘッジフ ァンドなどオルタナティブ(代替)資産のサービサーで世界最大手にな る。

ステート・ストリートの4-6月の収入は前年同期比1.9%減少 の24億3000万ドル。管理資産や手数料の減少が響いた。

管理資産は2.4%減の16兆4000億ドル。顧客向けの投資資金は9% 減の1兆9000億ドル。

ゴールドマンのヘッジファンド管理部門買収により、ステート・ス トリートの資産規模は2000億ドル拡大し、管理するオルタナティブファ ンドの規模は8770億ドルとなる。

ステート・ストリートの4-6月利益は前年同期比2.3%増加し た。投資有価証券の売却益1900万ドルが寄与した。継続事業ベースの純 利益は4億9400万ドル(1株当たり1.01ドル)と、前年同期の4億8300 万ドル(同96セント)から増加した。

原題:State Street Buys Goldman Sachs Unit as Revenue Declines (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE