ハンガリー入札:目標上回る発行額、利回り低下-支援交渉開始

ハンガリー政府は17日実施した入札 で、目標上限を上回る証券を発行した。国際社会に要請していた金融支 援の交渉がようやく始まり、応札額は過去11カ月で最大となった。

債務管理局(AKK)がブルームバーグ端末上に載せた入札結果に よると、3カ月物証券の発行額は600億フォリント(約200億円)と、目 標上限の150億フォリントを大きく上回った。応札額は2011年8月以降 最大の1770億フォリントだった。平均落札利回りは6.89%で、10日の前 回入札時の7.11%を下回った。外国為替市場でフォリントはユーロに対 し上昇。ブダペスト時間午前11時46分までに0.3%高の1ユーロ =286.94フォリントとなった。

国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)のハンガリー支援をめ ぐる協議はこの日に開始。同国は8カ月前に支援要請したが、中央銀行 の独立性を脅かす法律がネックとなり、この問題を解決してようやく協 議開始にこぎつけた。オルバン首相は16日、借り入れコスト引き下げに 信用枠が必要なハンガリーはIMFに協力すると表明した。

同国の銀行最大手、OTP銀行のアナリスト、ゲルゲリ・タルド ス、レベンテ・パパ両氏は17日付のリポートで、「IMFから融資を受 ければ金利コストに好ましい効果をもたらすだろう」と指摘した。

流通市場で、指標の2022年償還債は上昇。利回りは3ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)低下の7.315%と、昨年9月以来の低水 準となった。 ハンガリー株の指標であるBUX指数は前日から0.6%上 げている。

原題:Hungary Boosts Bill Sale as Bids Hit 11-Month High on IMF Talks(抜粋)