NY外為:ドル下落、FRB議長は追加緩和に含み-円も下落

17日のニューヨーク外国為替市場で はドルが主要通貨のすべてに対して下落した。バーナンキ連邦準備制度 理事会(FRB)議長の議会証言を受けて、投資家は追加緩和の可能性 が残されているとの観測に傾いた。

ドルは朝方上昇する場面もあった。バーナンキ議長が議会公聴会の 冒頭に読み上げた証言テキストには量的緩和第3弾に関する具体的な記 述がなかった。

BKアセットマネジメントのディレクター、キャシー・リーン氏 (ニューヨーク在勤)は、「バーナンキ議長が具体的な追加策に触れな かったことから、投資家は事前の緩和策見通しを調整。ドルが当初主要 通貨すべてに対して上昇していた」と指摘、「証言が進むにつれ、バー ナンキ議長は時間稼ぎが目的であり、悲観的な見方を変えず、明らかな 方針も示さなかったということに投資家は気付いた」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.2%下げて1 ユーロ=1.2294ドル。一時は0.7%高まで上昇する場面もあった。ドル は対円で0.2%上げて79円06銭。円はユーロに対して0.4%安の1ユーロ =97円21銭だった。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは過去1週間で0.6%下げた。ユーロは0.1%下落。

バーナンキ議長の証言

バーナンキ議長は、雇用の改善に向けた動きは「いら立たしいほど 遅い」ものになる可能性が高いとし、金融当局には景気浮揚に向け行動 する用意があるとあらためて表明した。同議長は17日、上院銀行委員会 で証言した

同議長は質疑応答に入ると、追加的な緩和手段について、住宅ロー ン担保証券(MBS)を含む追加の資産購入や超過準備の付利引き下 げ、今後の政策をめぐるコミュニケーション方法の変更を挙げた。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マーク・ マコーミック氏(ニューヨーク在勤)は「緩和策の可能性はまだ机上に ある」と述べた。

円は4日ぶりにドルに対して下げた。安住淳財務相は省内で記者団 に対し、「日本経済に悪影響を及ぼす過度な変動に対しては、必要な時 には必ず断固たる措置を取る」と述べ、為替介入も辞さない構えを示し た。

円は過去3週間対ドルで上昇。6月22日から7月13日までに1.6% 上昇した。

JPモルガン・チェースの指数によると、主要7カ国(G7)通貨 の3カ月物オプションのインプライドボラティリティ(IV、予想変動 率)は8.9%に低下。これは4月27日以来の低水準だった。過去1年間 のIVは平均で11.5%だった。

豪ドルは続伸

オーストラリア・ドルは対米ドルで3日続伸。オーストラリア準備 銀行(中央銀行)が公表した今月3日の金融政策決定会合の議事録が手 掛かりだった。

議事録によれば、メンバーは会合で「消費は労働市場の良好さによ って支えられている」との認識を示した。さらに「国内経済は従来示唆 されていたよりも若干勢いを増した兆候が示されている。メンバーはそ のため、今回の会合でオフィシャル・キャッシュレートを一段と調整す る必要はないと考えた」としている。

豪ドルは対米ドルで0.7%高、対円で0.9%上げた。

原題:Dollar Weakens as Investors Bet on Steps by Fed; Aussie Advances(抜粋)