中国人投資家、アイスランドでリゾート再び-リース方式で

アイスランドで土地購入を目指した ものの、同国政府に差し止められた中国の富豪、黄怒波氏は、土地のリ ース契約を通じリゾート開発計画を復活させる方針を示した。

北京中坤投資集団を創業し、会長を務める黄氏は16日の北京でのイ ンタビューで、「10月までに」正式な投資契約を結ぶと述べた。リース 価格は購入を狙っていた価格より約100万ドル(約7900万円)ほど低 く、780万ドルを「若干下回る」水準だという。詳細については触れな かった。

アイスランド政府は昨年11月、北京中坤投資の300平方キロメート ルの土地購入計画を却下。外国資本による不動産所有に反対が広がり、 法に反すると指摘していた。黄氏はデンマークやスウェーデンなどの国 への投資に先立ち、アイスランドのリゾート・山岳公園の開発を計画し ている。

黄氏は「リース契約でも受け入れ可能だ。最終的な結果は悪くな い。われわれの投資総額は2億ドル未満だろう。ただ現地では少額投資 ではない」と語った。

北京中坤投資は、「建設可能」な区画10平方キロメートルにホテル や別荘約100棟、ゴルフコースなどの設置を計画。黄氏によれば、当初 は40年のリース契約となり、契約期間をさらに40年延長する権利も付与 されると見込んでいるという。

原題:Chinese Billionaire Huang to Revive Iceland Deal After Rejection(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE