中国経済の減速、ヤミ金融の規制にブレーキ-エコノミストら

中国の温家宝首相は、将来の成長に 重要だとしてヤミ金融の規制に取り組んでいるが、同国経済の減速を背 景にそうした努力が無駄になる恐れが出てきた。

中国の4-6月(第2四半期)国内総生産(GDP)は前年同期 比7.6%増と、2009年の世界的な金融危機以降で最も低い伸びにとどま り、同国指導部に刺激策拡充を求める圧力が高まった。ブルームバーグ がインタビューしたエコノミスト6人によれば、温首相がヤミ金融を制 限するために打ち出した対策は結果的に後回しにされる可能性がある。 中国のヤミ金融市場の規模は正規の貸金市場の約3分の1と推計され る。

IHSグローバル・インサイトの北京在勤エコノミスト、アリステ ア・ソーントン氏は「当局が望む以上のペースで景気は減速しており、 ヤミ金融を取り締まるという責務を果たすことへのジレンマはますます 大きくなっている」と指摘。「政府は緊急対応措置の準備を進めてい る。ハードランディングの回避や世界経済の不安定性を管理することが 優先され、金融部門における徹底的な改革の推進は必然的に二の次とな る」と述べた。

IHSの推計によれば、中国のヤミ金融市場の規模は1兆3000億ド ル(約100兆円)で、米財政赤字とほぼ同規模。

北京在勤のエコノミストで米ゴールドマン・サックス・グループの 元大中華圏担当会長、胡祖六(フレッド・フー)氏も、経済が冷え込む 中でヤミ金融を規制することにはリスクが伴うと指摘する。

同氏は「ヤミ金融は強く非難されているが、ヤミ金融がなければ中 国経済はとっくにハードランディングしていただろう」と説明。ヤミ金 融市場を閉鎖することなく、透明性を向上させ、正当化することが課題 だ。政府がそうした措置を試みれば経済に大きな打撃を与えるだろうと 語った。

原題:China Slowdown Stymies Wen Plan to Rein In Shadow-Banking Risks(抜粋)

--取材協力:Paul Panckhurst、Justina Lee、Marco Lui.