カンザス連銀総裁:米成長率今年2%を大きく超えない見通し

カンザスシティー連銀のジョージ総 裁は16日、消費者と企業の慎重姿勢が景気を抑制し、米経済が今年2% を大きく超えて成長することはないとの見通しを明らかにした。

ジョージ総裁はミズーリ州カンザスシティーでの講演で、米経済の 「成長は確かに緩慢であり、一部の人は不規則な成長と表現するかもし れない」と発言。成長が今年「2%を大きく超えることはない」と予想 し、来年以降は若干上向く見込みだと述べた。

同総裁は、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策担当者はより緩 和的な政策が雇用の伸びを促進するかどうかを検討する際に「真の困 難」に直面すると指摘。「われわれは金融政策の極めて緩和的なスタン スを提供した」とした上で、「金融政策は現段階で人々を仕事に戻せる だろうか。私にははっきり分からない」と語った。総裁は今年、連邦公 開市場委員会(FOMC)の投票権を持たない。

総裁は、過去3年間の米景気回復には堅実な成長の時期の後に期待 外れの減速が訪れるという特徴が見られるが、「この夏もその例に漏れ ず鈍化しそうだ」との見解を示した。

さらに米国のインフレ率は低いが、FRBは楽観できないと述べ、 「過去の経験から分かるようにインフレは前触れなしにやって来るもの だ」と警告した。

原題:Fed’s George Says U.S. Growth May Not Exceed 2% in 2012 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE