NY原油時間外:7週間ぶり高値から下落-世界経済減速懸念

ニューヨーク原油先物相場は17日の 時間外取引で7週間ぶりの高値から下落。世界経済減速の懸念で燃料需 要が圧迫されるとの見方が強まった。

原油先物は一時、0.4%下落。下落は5営業日ぶり。国際通貨基金 (IMF)が2013年の世界経済見通しを下方修正したほか、米商務省が 発表した6月の小売売上高が予想外に減少した。17日に発表されるドイ ツの欧州経済研究センター(ZEW)景況感指数は、ブルームバーグ・ ニュースの調査だと1月以降で最低の水準まで下落する見通し。

原油先物8月限は一時、37セント安の88.06ドルを付けた。シドニ ー時間午前9時40分(日本時間同8時40分)現在、88.13ドルで推移し ている。前日の通常取引は1.5%高の88.43ドルで引けた。終値としては 5月29日以来の高値。年初来では11%の下落。

原題:Oil Declines From Seven-Week High Amid Global Economic Concern(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net