PIMCOグロース氏:米国はリセッションに近づきつつある

米パシフィック・インベストメン ト・ファンド(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用するビ ル・グロース氏は、米国がリセッション(景気後退)に近づきつつある との認識を明らかにした。ゴールドマン・サックス・グループとドイツ 銀行は米経済成長見通しを下方修正した。

ジャン・ハッチウス氏らゴールドマンのアナリストは、米国の4- 6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)見通しを前期比1.1%増と し、従来予想の1.3%増から引き下げた。ドイツ銀の米国担当チーフエ コノミスト、ジョゼフ・ラボーニャ氏の予想は1%増。従来見通し は1.4%増だった。カンザスシティー連銀のジョージ総裁は16日、米経 済が今年2%を大きく超えて成長することはないとの見通しを示した。

グロース氏は16日にツイッターで、米国は「雇用と小売売上高、投 資、企業利益で見た場合、リセッションに近づきつつある」と指摘し た。

ラボーニャ氏は同日のリポートで、「米連邦準備制度理事会 (FRB)が緩和措置に踏み切るには、ゼロ近辺の数字や失業率上昇な ど、より弱い雇用指標が何カ月間か示される必要がある」との見方を示 した。

6月の米小売売上高は前月比0.5%減と、ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト予想の中で最も悲観的な見通しも下回った。 予想中央値は0.2%増だった。モルガン・スタンレーとクレディ・スイ スのエコノミストも、これを受けて第2四半期の成長見通しを引き下げ た。

原題:Gross Says U.S. Nearing Recession as Goldman Sachs Cuts Forecast(抜粋)

--取材協力:Wes Goodman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE