野田首相:橋下大阪市長とは切磋琢磨も、素晴らしい素質持っている

野田佳彦首相は「大阪維新の会」を 率いる大阪市の橋下徹市長について、素晴らしい素質を持っており、切 磋琢磨(せっさたくま)できる相手だと持ち上げてみせた。 今後の連 携の可能性についても含みを持たせた。16日出演したフジテレビの番組 「FNNスーパーニュース」で語った。

野田首相は、橋下氏が首相の政治姿勢を評価したと報じられたこと について「切磋琢磨できるのかな、という印象を持った」と指摘。今後 の連携の可能性について聞かれると、「切磋琢磨という言葉を申し上げ たが、いまどこかと連携ということよりも、いまやるべきことをきちん とやるという判断の積み重ねの中でどなたがどういう評価をするかとい うことだ」と語った。

政治家としての橋下氏については「なかなか独特な方」とした上 で、「本質をよくずばっと分かりやすい言葉で話をされるとか、素晴ら しい資質を持っているのではないか」と述べた。

共同通信によると、橋下市長は10日、首相が「大阪都」構想を実現 するための法整備や消費税増税に道筋を付けた点について「野田首相は すごい。決める政治をしている」と指摘。11日には、「環太平洋連携協 定(TPP)をどうするかが軸。維新の会はTPPに賛成だ。価値観が 一致するかどうかが重要で、誰と組むかはどうでもいい話だ」とも語っ たという。

野田首相は2012年度補正予算の編成について、8月に4-6月期の 国内総生産(GDP)速報値が出ることを指摘した上で、「経済の動 向、足元の状況、そういうものを踏まえながら対応していきたい」と語 った。その場合は、「主要政党には理解をいただくような努力は当然す べきだ」と語った。