穀物相場上昇、トウモロコシ先物は10カ月ぶり高値-干ばつで

16日の商品先物相場は穀物を中心に 上昇。トウモロコシは10カ月ぶり、大豆は2008年以来の高値をそれぞれ 記録した。米国の農家は四半世紀で最悪の干ばつに見舞われている。

シカゴ商品取引所(CBOT)のトウモロコシ先物12月限は前営業 日比4.4%高の1ブッシェル当たり7.725ドル。大豆先物11月限は2.4% 上昇し、大豆ミール先物は過去最高値を付けた。小麦先物は4.3%高の 1年5カ月ぶりの高値。原油は1.5%高の1バレル=88.43ドル。

米中西部の大半の地域は向こう10日間、平年より気温が高く乾燥し た天候になるとの予報で、食品価格は記録的な高値に押し上げられる恐 れがある。民間気象予報会社Tストーム・ウェザーの発表によると、7 月は過去118年のデータで3番目に気温が高く乾燥した気候となる見通 し。

原題:Crops Rally as Drought Parches Fields; S&P 500 Falls, Bonds Rise(抜粋)

--取材協力:Chua Baizhen、Adam Haigh、Paul Armstrong、Claudia Carpenter、Andrew Rummer、Jason Webb、Emma Charlton、Stephen Kirkland、Michael P. Regan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE